10月15日

秋の夜長に仕込みます

1.png
暑かった日々もやっと落ち着いてきましたね。
夜はすっかり過ごしやすくなりました。

という訳で
昨年続けていたパン酵母をそろそろ作り始めようと思います。
レーズンを発酵させて元種を作り
じっくり発酵させてパンを焼きます。

自然発酵のため季節によって発酵時間が変わりますが
今の時期が一番作りやすい。

昨年焼いたパン色々

中にはドライいちじくとナッツ類が沢山

パンかごで焼いた大きなカンパーニュ


こちらは先日作ったいちじくとぶどうのクランブルタルト

いちじくが出回ると秋だなと感じます。

中にはくし型に切ったいちじくとぶどうを綺麗に見えるように沢山並べたのですが・・。
クランブル(小麦粉、砂糖、バターを混ぜてそぼろ状にしたもの)を
沢山載せるレシピだったためほぼ何も見えないという・・・。

紅玉も美味しい季節なので
酸味のきいたりんごジャムも作ってあります。

次は紅玉がなくならないうちに
約100年前にタタン姉妹の失敗から生まれたというフランスの伝統菓子
タルトタタンを作る予定です。

昨年は楽しさのあまり夜な夜なパンを作っていました。

秋の夜長
寝不足にも注意です。

(E・S)


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2019年10月15日 00:00 | 仙台支店こぼれ話| トラックバック (0)